4.EDCOAT被膜の硬さ

(測定方法)
1. 未処理部分で研削位置(ゼロ)を設定し、断面イメージ図のように砥石を3μmずつ移動して被膜を研削しました。
(-9μm、-6μm、-3μm、0μm、+3μm、+6μm、+9μm、+12μmの位置で研削)(0μmの高さが母材面の高さ)
2. それぞれの面で表面の硬さを測定。
(マイクロヴィッカース硬さ計により、荷重10gfで測定)
(説明)
1. 被膜は表面ほど固く(2500HV程度)、母材の面まで被膜を除去しても2000HV程度の硬さがある。
2. 被膜は母材内部にまで入り込んでいる。
3. 硬さが被膜の深さにより変化するのは、被膜が傾斜性であることによる。傾斜性の被膜であるため、密着力が強い。