3.EDCOAT被膜の断面写真


(処理の説明)
ワーク材質:鋼材(S45C)
電極面積 :□10mm
処理時間 :5分
処理条件 :E712

(写真説明)
EDC被膜形成後、ワークを切断し、断面を研磨(バフ研磨まで)仕上げ。その後エッチングし、電子顕微鏡写真・EPMAの線分析したもの。
(線分析は、写真中央の線の位置で鉄・チタンの元素量を分析する試験)

(結果説明)
EDC被膜は、表面はチタンの量が多く、深くなるに従いチタンの量が減る傾斜性の被膜になっていることがわかる。強い密着力の原因。
処理前のワークの面の位置は写真中の被膜部分のほぼ中央。それより母材内側の部分が浸透層。