技術と品質でますます拡がるビジネスコミュニケーション。

昭和63年にアルミ押出メーカーを経て、平成元年アルミ押出金型設計事務所として(有)ダイテックを独立した後、押出メーカー(加藤金属工業(株)加藤博穏社長)の協力を得て、平成3年8月にはアルミ押出金型設計だけにとどまらずその後、製作事業まで拡張しました。日頃よりアルミなどに関わる広範な技術情報に耳を傾けるなどして高く評価をいただいている顕著な技術追求姿勢に基づいた活動により、今や日本全国に渡り我々のビジネスコミュニケーションは拡大しています。
また、当社社長は常に新しい情報を獲得し、昨年12月には三菱電機株式会社様のご協力を得てのチタンコーティング加工事業の拡張に至りました。
当社のスタッフはパワーがギラギラ漲った集団で、何事にも立ち向かい、技術の追求をし、常にチャレンジ精神でトライする、頼もしいスタッフです。
明るく、楽しく職場を盛り上げ、社長とともに更なる飛躍をするために全社員でがんばっています。
製造次長 水口 清


平成3年、岐阜県海津でスタートを切ったダイテック。アルミに関わる広範な技術情報に耳を傾けるとともに、またより顕著な技術追求姿勢が高く業界より評価され、今や日本全国にわたってそのビジネスコミュニケーションは拡大しています。これからも独自のノウハウと経験を生かし、皆様のさまざまな要求と課題に応えるために、積極的に技術開発に取り組んでまいります。つねに未来を見続ける集団DIETECのこれからの発展にぜひご期待ください。
ダイテックは創造性と技術力をキーワードに「高付加価値な製品づくり」を目指した戦略を構築しています。そのベースとなるのは「すぐれた製品づくりのための情報収集」「あらゆるニーズに対応できるハード/ソフト面への対応」「常に最先端製品を作り出すためのバージョンアップへの即応」そして「付加価値創造型の人材の育成」です。
自動プロ導入によってプログラム作成時間を大幅に短縮、即加工にスライドできる体制を整えています。